テレビが映らない原因はアンテナや配線の故障など様々です。

テレビが映らない場合は

テレビの電源を入れてもテレビが映らない場合は、周辺機器の故障などによる原因が考えられます。主な原因を調べて映る状態に戻しましょう。

テレビが映らない原因

アンテナ

主な原因と対策

テレビが映らない時にはどのようにすれば良いのでしょうか。また、ノイズが出たりと映りが悪い原因はどこにあるのでしょうか。どこが原因かが分からなければ、どこを修理するかもわからないですよね。主な原因と対策を解説していきます。

アンテナの故障

テレビの電源が入るのにテレビが映らないことや、地デジ以外の外部入力が通常通りできる場合は、アンテナの故障が原因です。アンテナの交換や修理が必要です。アンテナの工事は改修する知識が必要になるので、自分ではやらない方がいいでしょう。

配線の不良や損傷

同じ原因として、アンテナからテレビまでの配線が不良や損傷している場合があります。配線が抜けていたり、目に見える損傷が起きている場合は、代替のコードを購入して取り替えて下さい。原因が分からない場合は、業者に依頼して原因を調査してもらいましょう。

設定の確認

テレビが映らない原因として意外と多いのが、B-CASカードがきちんと挿入されていないことや、チャンネル設定ができていないなどの設定ができていないことです。テレビのメニュー画面から設定できます。もし、わからない場合は、テレビを購入した業者に教えてもらいましょう。

テレビアンテナの修理

既存のアンテナを撤去

設置されているアンテナを撤去します。既存のアンテナを修理することも可能ですが、費用面であまり差が無いため交換修理をします。土台の部分など、再利用できる箇所が多くあるので慎重に取り外します。

アンテナの組み立て

地上でテレビアンテナを組み立てます。全ての部品を取り付けて設置作業へ取り掛かります。これにより、屋根上での作業を少なくできるため、工事の安全性が高まります。

アンテナの設置

まず、屋根の上に屋根馬と呼ばれる土台と、マストと呼ばれるアンテナを取り付ける金属棒を設置します。マストに先ほど組み立てたアンテナを設置します。

配線をつなぐ

アンテナに家の中に引かれている配線をつなぎます。この時に劣化などの問題が生じている場合は新しい配線と取り換えをします。配線は劣化や損傷がしやすいため、業者の方が配線の状況を見ながら工事を行なっています。

受信確認

レベルチェッカーと呼ばれる電波の受信強度を測定する機械で受信状態を見ながら、アンテナの方向を微調整します。テレビが映りやすい角度に固定すると修理完了です。

広告募集中